ECOなエネルギーを生成しよう|地中熱利用で環境保全

環境にやさしいエネルギー

住宅

新たなエネルギー

再生可能エネルギーとして一般的に普及しているのが、太陽光エネルギーですが、最近注目されているのが地中熱利用です。地表より10m以上の地下になると、温度が15度程度で一定しており、その熱を地中熱と言います。地中熱利用とは、この地中熱を採熱することによって暖房に活用したり、地中に放熱することによって冷房に活用したりすることを言います。まだまだ導入事例は少ないですが、東京スカイツリーでも活用されるなど、今後の利用促進が見込まれます。冷房時に室外機から排熱されないため、ヒートアイランド現象を防ぐためにも、都心部において導入が期待されていますが、暖房時の熱効率が高いため、主に北日本で活用事例が多くなっています。

普及促進に向けた改善

地中熱利用には初期導入コストが高くなるという点があるため、低コスト化に向けた改善が進んでいます。通常の場合、地下100mくらいまで掘削して管を入れ、不凍液や水を入れたチューブを差し込むことで、地中熱利用を行います。より効率的に地中熱を利用するために、地下に送り込むチューブを多くして、ゆっくりと地中熱を吸収し、戻りは1本のチューブでいっきに地表まで送ることで、効率的に地中熱を吸収させることができます。また、管内に差し込むチューブを固定することによって、地中熱を吸収させる下りの管は外側に配置し、地表まで戻す時の管は内側に配置することによって、熱の吸収や熱の発散を調整しています。このような工夫で、効率的な地中熱利用ができます。

効率の良い冷暖房

ウーマン

家の中の冷暖房のシステムで、多くの方が利用しイメージするのがエアコンによるものです。しかし、現在では新築の家を建てる時に多くの方が検討し、利用しているものが地中熱利用のシステムです。地中熱で家の冷暖房を行うため、ランニングコストが安く、環境にとても良いという理由で注目されています。

もっと見る

熱利用の補助金

作業員

地中熱とは、地中の年間平均気温程度の地帯の熱エネルギーであり、地中熱利用とはこのエネルギーを活用して効率的な冷暖房等の運転を行うことです。熱の高いところから低いところへ移動する原理を活用したものです。その地中熱利用システム導入について、主として事業用は国、家庭用は都道府県等に補助金があります。

もっと見る

効率の良い自然エネルギー

工事

地中熱は場所や時間に制約を受けずに、日本のどこでも利用できる自然エネルギーで、年々普及が進んでいます。地中熱利用には国が定めたガイドラインがあり、オープンタイプを利用する場合には地下水利用についてやメンテナンスでの注意があります。

もっと見る