熱利用の補助金|ECOなエネルギーを生成しよう|地中熱利用で環境保全

ECOなエネルギーを生成しよう|地中熱利用で環境保全

熱利用の補助金

作業員

熱の流れの利用

地中熱とは、地中の10メートル以下のあたりから下の昼間と夜間あるいは季節間で温度の差がなく年間平均気温程度である地帯の熱エネルギーです。日本においては四季があり、夏暑く、冬寒いとともに、一日の中においても太陽が出ている日中と沈んでいる夜間では温度差があります。しかし、地中においてはこの大気に温度差があるのと比較して通年24時間ほぼ年間平均気温程度の地帯があります。水が高いところから低いところへ流れるように、熱は高いところから低いところへ流れます。ここに地中熱利用を行う状況が生じます。冬場をイメージすると地中の熱を地上に移動させてきて、それに少し電気で熱を加えてお湯を沸かしたり、暖房として利用すれば、ゼロから電気でお湯を沸かしたりするのと比較したら効率的であるという発想です。このような地中熱利用を装置として具体化したのが地中熱ヒートポンプシステムというものです。

導入促進への対応

この地中熱ヒートポンプシステムは、地中を掘削して適当な地中熱が生じているところまで掘って、そこに流体の管をとおしてその地下の熱をくみ上げ、あるいは地上の熱を地下に下げます。そしてヒートポンプの熱を低いところから高いところへ送る技術を利用して冷暖房を効率的に機能させるという地中熱利用を具体化するシステムです。このシステムは廃棄物を排出せず、自己完結している点で大変自然にやさしいエネルギーです。住宅や温水プール等の様々な場面で活用されています。この地中熱利用を促進するため国や都道府県では補助金を用意しています。経済産業省や環境省がそれぞれの立場から必要な事業に補助率1/2等で補助を出していますし、都道府県等においても主として家庭における地中熱利用システムを対象に上限額10万程度から100万程度まで定額で補助する制度があります。事業としてヒートポンプシステムを導入するには国の補助金を検討し、家庭での活用を考えるなら都道府県等の補助金を検討することにより初期投資をいくぶんか安く抑えることが可能です。補助要件を確認した上で活用できるものを活用しましょう。