効率の良い自然エネルギー|ECOなエネルギーを生成しよう|地中熱利用で環境保全

ECOなエネルギーを生成しよう|地中熱利用で環境保全

効率の良い自然エネルギー

工事

省エネの切り札

近年省エネルギーや地球温暖化への対策として自然エネルギーの利用が拡大しています。太陽光や風力や地熱といった自然エネルギーを思い浮かべる人が多いですが、それらのエネルギーは利用できる時間や場所に制限があります。一方、地中熱は日本中のどこででも利用することができるため現在普及が進んでいる自然エネルギーです。深さ10mを超えると地中の温度は一年中一定になります。北海道あたりでは約10度、九州や四国では約20度、東京辺りでは約17度になっています。地表との温度差を利用して夏は冷房に、冬は暖房に使うことができます。現在最も地中熱利用をしている地域は北海道で、道路の融雪に利用されていて、電気をほとんど使わずに利用することができています。

2つのタイプがあります

地中熱利用は年々増加傾向にあり、道路の融雪だけでなく比較的大規模な病院や官公庁といった建物から一般住宅にも普及が進んでいます。日本全国で地中熱利用が進んでいますが、地中熱利用について国の行政機関が定めたガイドラインがあるので遵守するようにしてください。地中熱利用としては地中に媒体を通すクローズタイプと地下水を利用したオープンタイプがあります。オープンタイプはエネルギー効率が高いことが特徴ですが、地域によっては地下水の利用に制限がかかっていることがあるので注意が必要です。また、オープンタイプはクローズタイプと違い異物が混入するとパイプが詰まってしまう可能性があります。そのため、定期的なメンテナンスが必要となります。